2008年09月23日

舌癌のリハビリに必要なもの

 舌癌のリハビリというのは多くの場合は舌を切除した時のことでしょう。
 
 舌を切除すると食事の障害である嚥下障害といわれる後遺症、会話の障害である構音障害といわれる障害、そして味覚しょうがいという代表的なものでも3つ存在します。

 食事の障害と効果を発揮するのが流動食でしょう。
 
 最初のうちは食事も上手く出来ないでしょうから流動食によって食事を楽しむことが出来るでしょう。

 自分が好きなものを食べたい時はどうすればよいでしょうか?

 この場合はミキサーやすり鉢などを活用すると良いでしょう。

 絶対にあれが食べたい、ということになりますし、何より舌癌というだけで精神的なストレスも強いでしょうから好きな食べ物くらい食べる方が精神衛生上も良いでしょう。

 例えばバナナを食べたいと思ったらミキサーにかけてバナナジュースにする。

 比較的小さいものならすり鉢でつぶして食べられるようにするなど食べられるものに幅が出てきます。

 その他、舌癌の手術後にあると望ましいものはメッセージボードや筆記具です。

 会話をすることが困難な状態になってしまいますから、筆談などで自分の意思を伝えることになります。
 
 ハンドジェスチャーなども使えるのではないかと思ってしまいますが、実際やってみると言葉などに比べて表現力は貧弱です。
 
 無理をせずに筆談などでコミュニケーションをとるようにしましょう。

 そして舌癌の手術後に気になるのが生存率。これは見ない方がいいという人もいれば、現実をしっかり受け入れるという意味で見る人もいます。

 舌癌の生存率はそれほど低いものではありませんが、心の有り様によってはマイナスに働いてしまうこともあるかもしれません。

 心の持ちようを整えるために必要なのは舌癌を克服した方の著作などに触れてみるのも良いでしょう。

 先輩の話を参考にして、未来を想像するのです。

 暗い心は病を招くものです。

 暗くなるなと言うのも酷ですが、舌癌と正面から向き合っていく勇気を持てるのが望ましいことでしょう。

舌癌
ラベル:舌癌
posted by HARUKI at 06:13| Comment(49) | 後遺症と舌癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

舌癌の最新治療、がん標的免疫療法

 舌癌の治療法はご存知の通り、手術療法、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療になります。

 勿論、この三大治療によって舌癌を克服されている方も多くいらっしゃいますが、手術による舌の切除を避けたい、残念ながら三大治療だけでは癌に追いつかないという患者様もいらっしゃるでしょう。

 舌癌の最新治療として、がん標的免疫療法というものが現れたそうです。

 癌の免疫療法は現れた順番にいずれのように分類されています。

 第一世代といわれてるBRM療法、第二世代といわれるサイトカインといわれる治療法。患者様の細胞自体を利用した第三世代の治療法(イギリスの男性が免疫細胞を大量に注入したことにより末期がんを8週間で完治したなどの例があります)。

 そして現在の最先端と言われるのが、がん標的免疫療法、別名がん樹上免疫細胞療法といわれるものです。

 徳島大学の口腔外科にの研究から始まったこの治療法は、手術による舌の切除が出来ない、切除を希望しないなど、後遺症を残さない治療法としてもその有効性が証明されています。

 「標的」という言葉から局所の治療を連想してしまいますが、この治療法じはピンポイントの治療を行いながらも、全身の癌に対しても非常に有効で、副作用もほとんどないというのだから驚きます。

 舌癌の患者さまにとっては切除という苦しい選択をしなくてはならない場合があり、それを拒否してしまうのはもっとも話です。

 ですから、なるべく「切らない舌癌治療」というのを求めるのが自然ですし、理想的な治療法でしょう。
ラベル:舌癌
posted by HARUKI at 16:25| Comment(1) | 治療と舌癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

舌癌じゃないと言われても

 舌癌ではないかと心配になって医者に行っても「舌癌ではない」と帰されるかもしれません、あるいは「口内炎ですよ」と言われるかもしれません。

 舌癌はセカンドオピニオンが大事と前回も書いたと思うのですが、心配になるのが「医者に遠慮してしまう」方です。

 私もそうだからわかるのですが、医者は先生様だから、対等に話すことなど出来ないと考えてしまうかもしれません。

 性格的なものもあるかもしれませんが、医者はあなたの健康のためのアドバイザーと考える方が適切です。

 とりわけ舌癌については、さいさん強調しているように誤診が多い癌です。

 経験豊富な医師が少ないことにも遠因がありますが、舌癌そのものが本当に紛らわしいポジションにある病気なのです。

 「舌癌なんかじゃないですよ、ただの口内炎ですよ」と冷めた感じで仰る先生もいらっしゃることでしょう。

 祖父が舌癌になった友人が、あの医者が「舌癌じゃない」って言っていたじゃないか!と怒っていましたが、変な話、医師が責任を取ってくれるというものでもありません。

 一日に何人もの患者様を診ている先生にもなるとローテーションみたいな感覚になっていることもあるでしょう、人間ですから。

 舌癌は紛らわしい病気、そういう認識が大事です。

 舌癌ではないと言われても、必ずその根拠を突っ込むことです。
 
 そうやって何件ものオピニオンを獲得していくべきです。

 遠慮は無用です。

 また、すでに舌癌を患っている方でも広く意見を求めることは大切です。
 
 その先生が得意な治療法というものが存在するものです。

 逆に言えば不得意なあまり馴染みのない舌癌の治療法というものも個人個人にはあるものです。

 舌癌は情報戦です。ご自分の命のことですから、礼儀はあっても遠慮は無用です。舌癌の治療を成功する患者様は、よく質問される方が多いというのもこういうことから来ているのだと思います。

 

 
ラベル:舌癌
posted by HARUKI at 15:18| Comment(1) | 症状と舌癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。